ぽぽんた ぽぽんた ふぅ~♪
karudamon3.exblog.jp
Top
■ ねこちゃんのご報告
2008年 04月 02日 |
皆さんにご心配おかけした猫ちゃん

昨日、ご報告しましたように

里親さん決まりました!



最初、猫ちゃんを保護していただいていた病院ではそう長く保護していただけない状況でした。
保護してもらって二日目衰弱が激しく、飲み物も飲まず、食べ物も口に出来ず危険なときも
あったそうです。
けれど、点滴を打って元気を取り戻し、元気になってくれたそうです。
けれど、目は…膜が張っている状態。

面会に行って遊んでいるとき、動画で見るように元気で遊んでいるのですがどうも
そんなに見えていないような感じ。。。

でも、そばに寄ってきては「にゃ~」とゴロゴロする子。
普通の野良猫ちゃんはこうはいかず、「しゃ~」と怒ってなつかないことのほうが多いのだそうです。


どうにかして、里親さんを探したくて写真を撮りに伺ったところ
里親探しに協力していただけるならと、1ヶ月の猶予をいただきました。
その後は、保健所に…そんなことはしたくない!!

写真を撮り、動画を撮ってネットでも何とかならないかと
何箇所か掲示板をめぐり、情報を貼り付けました。
ポスターも作り、お店に貼っていただけるようにお願いしました。


その中で知った事実

「猫を譲ってください。」という申し込みをして業者さんに売ってしまう人がいるということ。

信じられませんでした。

掲示板やメールに入る「譲っていただけませんでしょうか?」というメッセージ。

きちんと状況を聞いてくださる方ももちろんいらっしゃいましたが
そうでない方も…
もし私の判断で業者さんに連れて行ってしまう人に引き渡してしまったらどうしようなどということも考えました。救った命がそんなことになったら…という不安も…
そんな人ばかりではないと信じたい気持ち…

そんな中、病院のほうで募集のポスターをごらんになった方で
目の障害があっても引き取って育てていきたいと、保健所には行かせないでと
おっしゃってくださった方が現れました。
今後の目の治療もしてくださるそうです。

病院に自分の猫ちゃんも連れてきているという方だったのでお願いすることになりました。

ネットで申し出てくださった方、メールやメッセージをみて、
気に止めてくれる人もいるんだという勇気をもらいました。

また、ブログを通して励ましていただいて、里親さんを見つけるぞ!!と
勇気をいただきました。


本当に、ありがとうございました。

猫ちゃんの今後の幸せを願っていきたいと思います。

一日も早く捨てられている動物、事故にあってしまう動物、虐待されてしまう動物が
いなくなることを願っていきたいと思います。



ご協力してくださった、動物病院、ほかの皆さん本当にありがとうございました。
[PR]
by karudamon3 | 2008-04-02 18:53 | 日記 |
<< Vista ページトップ やった~~~~ >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon